柳原良平 Ryo.WORKS キャプテンアンクル マットシェル スマホケース ブラック

¥ 3,780

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

Ryo.Works WLL matt black phone case

Ryohei Yanagihara

Ryohei Yanagihara is a Japanese illustrator and animator who founds success working with Suntory Whiskey back in the 50's. He also created a great character called Uncle Torys which became a symbol of the company that was popular at the time. He went on to become a major figure in Japanese independent animation in the early-1960's as well as becoming the main illustrator for Japan's shipping company, MITSUI O.S.K. LINES.

Uncle Torys Yokohama Connection
http://www.yokohamaseasider.com/uncle-torys-yokohama-connection/

Shipping worldwide - All products are square payment accepted.
https://squareup.com/

Purchase and wholesale inquiry : sales@areacode045.net

柳原良平 Ryo.WORKS キャプテンアンクル マットシェル スマホケース

アンクルトリスでおなじみの 柳原良平(Ryo.WORKS)の世界がiPhoneケースになりました。船から降りたアンクル船長はホッと一息、そして一杯...。

あなたも船長と一緒に一杯いかが?

イラストレーター柳原良平(やなぎはらりょうへい)の代表作であり、2頭身半のユニークなスタイルでお馴染みのキャラクター「アンクルトリス」。1958年(昭和33年)、柳原良平が『身体』を、CMプランナーであった酒井睦雄が『名前』を、そしてコピーライターの開高健がキャッチコピー、すなわち『魂』を与え、トリスウイスキーのイメージキャラクターとして誕生しました。性格は「小市民的で小心。少々偏屈でも、義理人情に弱く、お人よし。」

日本が高度成長へ向け動き出した時代、バーでグラスを片手に疲れを癒すサラリーマンの心情を代弁したシンボル、アンクルトリス。以降、様々な衣装を身にまとい人々を楽しませ、何十年も愛され続けるアンクルトリスが船長となって登場する港町・ヨコハマ ー 寄港したどこかの港町のバーでキャプテンアンクルが一杯傾けているようなシンプルな線画をシェルケースに仕立てました。

■We Love Locohamaとは
『We Love Locohama”(ウィ・ラブ・ロコハマ)』は、ハワイ英語の”ロコ”(ローカル=地元)に横浜の”ハマ”を加えた名称のオリジナルアパレルブランドです。

柳原良平が愛する港町・ヨコハマを舞台に登場する、アンクル、船舶、海、そして港をモチーフにした鮮やかな柳原良平ワールドを展開していきます。

■製品概要
Apple iPhone シリーズ 対応 スマートフォン シェルケース

手にフィットするラバーグリップ素材

本体:PC(ポリカーボネート)ブラック
外装:ブリスターパック
著作者:柳原良平
http://yanagihara-ryohei.jp/

著作権者:柳原良平/株式会社 美術著作権センター
製造/販売:エリアコード株式会社

サイズ:

IP7
横 68mm / 縦 140mm / 厚さ 9mm / 重量 15g

IP7 plus
横 80mm / 縦 160mm / 厚さ 9mm / 重量 20g

IP6s / 6
横 70mm / 縦 138mm / 厚さ 8mm / 重量 15g

IP6s plus /6 plus
横 80mm / 縦 157mm / 厚さ 8mm / 重量 22g

生産国:中国/日本

■価格
3780円(税込)

■送料
日本全国送料無料